就職中に転職を決意。社会人2年目のベンチャーに転職ってどうなの?

大学を卒業して、社会人2年目で転職を決意した私。
自分のやりたい軸を再定義して、改めて企業研究をしていると、
数社気になる企業を発見。

早速、連絡をしてみたところ
企業から返信が届いて、1週間後に面談が決定。

転職時の面接ってどういう感じなのだろうか、、、。
・転職を決めた理由
・志望動機
は自分の中で固めていた方がいいのだろうが、
どうしてもマイナスのイメージを与えてしまう返答になってしまいそうで不安。

面談が決まったのは、いわゆるベンチャー企業で設立年数も浅く
従業員数も少ない。
その分、1人1人の責任は大きいが、その分裁量も大きいため
会社や社会に対して、貢献しているというやりがいを感じることはできる。

また漠然と起業を考えている自分にとって、会社が成長していく姿を肌で感じて
働くのことは自分自身も成長できることだろうと思った。

大卒2年で転職した人に対して、面接でどんな雰囲気や質問がされるのかについては
後日また記載しようと思う。

面談の準備をこれからしていこうと思うが
企業から届いたメッセージの中に持ち物として
・履歴書
・職務経歴書
2つの記載があった。

初めて聞いた言葉なので調べてみると、
一般的に転職活動に必要なものであるらしい。

履歴書はある程度フォーマットの決まった「応募者のプロフィールを確認する書類」、
職務経歴書は自分でA4で作成し「これまでの業務経験と仕事で活かせるスキルを確認する書類」。

さて、残り数日しかない中で、納得のいく書類を作成できるだろうか。
転職には職務経歴書というものが必要。
当たり前のことなのかもしれないが、1つ1う経験して覚えていこう。







この記事へのコメント