転職活動、1社目面接で落ちました、、、。

先日面談を受けたベンチャー企業からメールが届いた。 緊張してメールを開くと、見事落選。 大卒の就職活動でも経験したが、やはりこの瞬間はなれない。 1社ぐらいでくよくよするなよ。新卒でも経験しただろ。 わかる。わかるけど 社会に拒絶されているような、人格を否定されるような気持になる。 まぁ、切り替えて頑張ろう。 というか、 転職活動をしている人たちは、平均で面接を何度受けるのだろうか。 なかなかうまくいかずに多くの時間が過ぎてしまうことに不安はある。 今の時代、選ばなければ職はたくさんある。 しかし、大卒というプライドやら、大手という肩書きなどいらないものが邪魔をする。 ただ、そういうものを取っ払って、やりたくないものを消去していくような消去法で考えていくのではなく 単純にやりたいことを選んで、選択していきたいなと。 とはいえ、都内で生活しているとお金もたくさんかかる。 個人差はあると思うが、 実際いくらあれば、安心して転職活動に専念できるか気になる。 某人材紹介サイトだと、身に着けるものや交通費などの転職費用は10万円以内の割合が一番多かった。 生活費を加えたリアルな額も、転職が落ち着いたら載せていこうと思う。

続きを読む

社会人2年目が初めての転職でベンチャー企業の面談に行った結果、、、。

社会人2年目で転職を決意した私であるが、いよいよ面談日がやってきた。 新卒の時のように、面接で聞かれるであろうことを質問の答えを考えたりすることはせず、 ありのままの自分で臨んだ。 前日に考えたのは、志望理由と、転職理由の2つだけ。 さて、まず服装はどうしようか。 服装の指定はない。また、HPを見た感じや職業柄スーツという感じではない。 いかにも社会人経験が浅いですとアピールをしているようで、漠然とスーツで固めていくことに 抵抗があった。 しかし、手支援サイトには、それでもスーツが望ましいと記載があったので 結局、スーツで行くことにした。 久々の面接なので緊張したが、企業に10分前に訪問して、面談を終えた。 今回、面談に臨んだのは 設立からまだ数年しかたっておらず、従業員数も10数人のベンチャー企業。 訪問先に到着すると、すぐに若い社員が来て、案内してくれた。 そしてオフィスの角にある机と椅子が置いてあるところで10分ほど待つと メッセージのやり取りをしていた面談担当の方が到着。 軽く自己紹介をした後、15分くらい会社概要のスライドを見て 企業の説明を聞いた。 その後、履歴書と職務経歴書を提出して、いろいろ質問を受けた。 面接という堅苦しい感じではなかったのが良かった。 主な内容としては ・転職を決めた理由 ・なぜこのタイミングで転職を考えているのか ・社会人で印象に残っている、またやり切ったことについて ・履…

続きを読む

社会人2年目がベンチャー企業転職のために職務経歴書と履歴書を書いてみたら、、、。

さて、実際に職務経歴書とやらを書いてみた。 調べてみると、フォーマットは特になく、自分の経歴を表す書類ということであった。 今ではインターネットでテンプレートをダウンロードできるものがあるが 今回は自分のヒトとなりが少しでも伝わるように、Wordで作成した。 まずは、前職の詳細を記載することから始めた。 記載した項目としては、 企業名、経験期間、業種、所属部署、資本金、従業員数、経験職種、雇用形態、年収実績、職務内容(概要、主な担当、詳細)。 A4用紙1枚にまとめた。 そして、転職を希望するベンチャー企業のHPを見ながら、 志望理由や転職理由をある程度整理した。 その後、仕事の姿勢、PCスキル(Word、Excel、PowerPoint)、自己PRを2枚目に記入した。 〇や棒線で個人情報の部分は隠してあるが、下部にあるのが作成した職務経歴書である。 これで良いのかわからないが、これと履歴書を面談時に提出しようと思う。 結果はまたのちほど

続きを読む